2016/09/16

融資の面談時に気を付けるべき3か条

会社経営を行う上で、融資が必要になるケースがあります。

例えば、経営上は黒字でも、会社に現金がなく、
社員の給料が支払えないケースや、
事業を拡大したいものの、自己資金が少ない場合など。

融資を受ける際は、面談があります。
時間は約1時間。
基本的に、融資担当者が質問し、それに答える形で進みます。
面談に出席できるのは、代表者一人だけです。
他の役員や税理士などは同席できません。

面談時に気を付けることがあります。
今日は、面談対策について解説します。

1.時間厳守

15分前には到着しましょう。
融資をする側の立場から見てみましょう。
金融機関が、初対面の人にお金を貸そうとする状況です。
その最初の時点で遅刻した場合、第一印象が良くありません。
時間にルーズな人は、お金にもルーズ、と思われてしまいます。

2.服装は普段通りでOK

例えば、お店で商売をされている方が、
スーツを着て面談に行く必要はありません。
普段通りの、職業に合った服装で大丈夫です。
ただし、身だしなみは整えましょう。
無精ひげ、ばさばさの髪は印象が良くありません。

3.わかりやすく端的に回答する

前述のとおり、融資担当者が質問し、それに答える形で進みます。
時々、事業への熱い思いを語りだす方もいるのですが、
まずは、聞かれたことに対してわかりやすく端的に答えることが大前提です。


以上が、面談時に気を付けるべき3か条です。


まとめ

融資の判断をするのは「人間」です。
そのため、印象も判断材料になります。

事業内容以外の部分で足を引っ張ってしまわないよう、
上記3つのポイントを押さえて臨みましょう。


融資・補助金・助成金に関してわからないこと、
質問などがあれば、お気軽にお問い合せください。

--------------------------------------------------
税理士法人SBCパートナーズ
--------------------------------------------------

●大阪
〒530-0051 大阪市北区太融寺町3番24号 
日本生命梅田第二ビル3階
06-6315-1819

●東京
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-13
J-6ビル9階
03-5468-3336

●名古屋
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-19-25
MS桜通ビル6F
052-203-1112

●浜松
〒435-0013 静岡県浜松市東区天龍川町100
053-463-3555

●湖西
〒431-0411 静岡県湖西市入出570-1
053-578-0358
2016/09/12

クラウド会計を使っていますか?

desk2.jpg

税理士法人SBCパートナーズでは、クラウド会計の導入を進めています。

■クラウド会計とは?

簡単に言うと、パソコン本体に会計データを保管するのではなく、
インターネット上のクラウドサーバーに会計データを保管することです。

使用する際は、インターネットを通してクラウドサーバーに
アクセスしてデータを操作します。

■クラウド会計のメリットは、5つ!

1.
お客様と会計事務所が、インターネット上のデータに
双方からアクセスすることになります。
そのため、データのやりとりの必要がありません。

2.
リアルタイムで会計の数字を確認できるようになります。

3.
インターネットバンキング、電子マネー、クレジットカードと相性が良く、
仕分けデータの入力を省けます。

4.
自社で経理を入力される方は、経理コスト削減になります。
会計事務所に任せる方は、記帳代のコストが削減できます。

5.
会計事務所側としては、記帳に関する時間を削減できるため、
その分の時間を、提案などに使うことができ、
仕事の質も上がります。

従来の記帳方法でも、クラウド会計の記帳であっても、
変わらない大切なことがあります。
それは、「経営者は数字の意味を良く理解し、
その数字に基づいて正しい経営判断をする」

ということを忘れないようにしなければなりません。

税理士法人SBCパートナーズでは、このことを常に頭に置き、
数字に強い社長になっていただくために
皆さまをサポートさせていただきます。

クラウド会計を検討されたい方は、
税理士法人SBCパートナーズまでお気軽に
お問い合せください。

--------------------------------------------------
税理士法人SBCパートナーズ
http://www.c-sbc.co.jp/
--------------------------------------------------

●大阪
〒530-0051 大阪市北区太融寺町3番24号 
日本生命梅田第二ビル3階
06-6315-1819

●東京
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-13
J-6ビル9階
03-5468-3336

●名古屋
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-19-25
MS桜通ビル6F
052-203-1112

●浜松
〒435-0013 静岡県浜松市東区天龍川町100
053-463-3555

●湖西
〒431-0411 静岡県湖西市入出570-1
053-578-0358
2016/09/01

やってはいけないビジネスメールのマナー ランキング1位

前回の
やってはいけないビジネスメールのマナー ランキング2位
から、なんと1年半も過ぎておりましたm(_ _)m

気になる1位を発表します。

------------------------------------------------
第1位 添付ファイルが大きい

メールに写真や文書ファイル、PDFファイルなどを添付する機会は
けっこうありますよね。

容量に制限があるのはご存知でしょうか。

大きすぎるファイルを添付すると、エラーになり、
相手にメールが届かないこともあります。

スマートフォンで撮影した写真でも、
ファイルサイズが大きい場合があるので要注意です。

一般的な企業が受信できるメール容量の上限は、
5メガ~10メガ程度が多いと言われます。
添付ファイルは、2メガまでにしておくのが安全です。

もしも、サイズが大きいものを送りたい場合は、
事前に先方に確認を取るか、圧縮して容量を小さくするか、
メールで送らずにファイル転送サービスを利用する
などの回避策を検討しましょう。

095582.jpg

------------------------------------------------

※日本経済新聞(20104/3/29)より引用
2016/08/22

ゲスト講師は安藤忠雄氏!『新春 元氣が出るセミナー(大阪・東京)』のおしらせ

毎年恒例の「新春 元氣が出るセミナー 2017」の詳細が決定しました。

公開以来、反響が大きく、連日多くの方からお申し込みをいただいています。
ご希望の方はお早めにお申込みください。

大阪開催

sinsyun02.jpg

【日程】
2017年 2月 2日(水) 13時30分~16時30分

【会場】
毎日新聞ビル オーバルホール[地下1階]
(大阪市北区梅田)
MAP

【内容】
第1部『2017年 税制改正のポイント』
講師:税理士法人SBCパートナーズ 代表社員 税理士 柴田 昇

第2部『価値を上げる ~希望のあるまち大阪~』
講師:建築家 安藤 忠雄 氏

Web、またはFAXで受付中です。
詳細・お申込みはこちら


東京開催

sinsyun03.jpg

【日程】
2017年 3月17日(金) 13時30分~16時30分

【会場】
AP渋谷道玄坂 渋東シネタワー
(渋谷駅直結、TOHOシネマズのビルです)
MAP

【内容】
第1部『2017年 税制改正のポイント』
講師:税理士法人SBCパートナーズ 代表社員 税理士 柴田 昇

第2部『2017年の経済情勢とその時経営者がとるべき行動』
講師:株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役 小宮一慶氏

Web、またはFAXで受付中です。
詳細・お申込みはこちら
2016/08/19

相続が初めての方へ。財産って何が含まれるの?

例えば親が亡くなり、子が財産を受け取る場合、
誰にでも相続税がかかるわけではありません。

ではどういう場合に相続税がかかってくるのかというと、
亡くなった方の財産総額が、ある一定の金額を超えている場合に
税金がかかります。

財産・・・。

土地や現金だけが財産だと思いがちですが、そうではありません。
今、実際に目の前になくても、手元になくても、
財産とみなされて相続税の対象になるものがあります。

事前に把握しておかないと、実際に相続税申告の際に
漏れているものがあると、後から延滞税・加算税がかかる場合があります。

財産とみなされるものを以下にまとめました。
しっかりと把握しておきましょう。

一般的な財産

●現金や預金
●株式(上場株・非上場株・投資信託など)
●不動産(土地・家屋・借地権など)
●貸付金

思わぬものが財産になります

●死亡保険金
●死亡退職金

手元に無くても財産です

●相続前3年以内に行った贈与財産
●子や孫名義で積み立てた預金
●子や孫名義で契約している保険


該当するものを複数お持ちの場合や、
事前対策をしっかりしておきたい場合は、
お気軽に以下にご相談ください。
初回は、無料でカウンセリングさせていただきます。

bg_recept.png

SBC相続サポートセンター 問い合わせ窓口

お電話でのご相談は
0120-57-5489 までお気軽にお電話ください。
(平日9:00~20:00)